身柄拘束と逮捕勾留の違い

刑事事件が発生し、犯人だと思われる人が特定された場合に検察、警察などの請求により裁判官に逮捕状を発行します。
主に逮捕を行うのは警察官で、逮捕され起訴前の者を被疑者といいます。
被疑者や証拠品は逮捕後48時間以内に検察へ送致しなければなりません。
送致を受けた検察官は警察官による身体の拘束から72時間以内に裁判所に対して勾留を請求するか釈放しなければなりません。
この72時間以内に検察官が勾留を請求し裁判所が認めると最長10日間の勾留が決定します。
その10日間はさらに延長でき合計20日の勾留が可能です。
勾留決定前の72時間の拘束が逮捕で、最長20日間の身体の拘束が勾留期間です。
逮捕の前にいきなり勾留されることはありません。

法律上の身柄拘束とは、まだ有罪が決定していない時点の逮捕勾留による拘束だけではなく、刑事裁判により有罪が確定した後の刑の執行である刑務所などの刑事施設に拘禁する行為も含まれます。
その他に心神喪失などの状態で事件を起こした場合の鑑定のための入院や、観護措置のため少年を少年鑑別所に拘禁する処分、裁判所の職務を著しく妨害した者を法廷の秩序維持のために拘禁する処分など特殊な手続きによって行われるものもあります。

Comments are closed.